様々なことが発展した現代で、貧富の差が広がる理由

新卒で仕事を得る機会を逃し、落ちこぼれと見なされる人たちへ

フリーター400万人、二ート100万人、ひきこもり80万人といわれる時代です。厚生労働省の調査(2007年度)によれば、若者を中心としたネットカフェ難民は5400人にのぼるといいます。これらの数字を見る限り、お世辞にも就職が売手市場になったとは思えません。メディアが報じるのは求人数の増加だけで、企業の質が問われていないのも問題です。正社員になっても安心ではない証拠に、若者の離職率は上昇する一方です。彼らをだらしがないとか、甘えているというのは簡単ですが、それだけではない気がします。

若者がだらしないのは、いまにはじまったことではありません。紀元前の遺跡から出土した粘土板には「最近の若者はだらしがない」と記されていたと聞きますが、新入社員をこきおろす上司にしても、自分のことを棚にあげているだけで、かつては似たような若者だったのです。「子は親の鏡」というとおり、若者に問題があるなら、その責任はすべて大人にあります。大人たちの現状を見て、意図的にモラトリアムを選択している若者もいるでしょう。けれども、その大人たちでさえ、ワーキングプアと呼ばれる貧困層が拡大し、多くのひとが生活苦にあえいでいます。

こんな状況のなかで、「落ちこぼれ」のみなさんは、どうしたらまともな職を得られるのでしょうか。それなりの企業へ入るためには、どんな就職活動をすればいいのでしょうか。就職マニュアルを読んだり、企業研究をしたりといった一般的な対策も必要ですが、「落ちこぼれ」の場合は、小手先の技術や知識だけでは通用しないと思います。「こんなときは、こう答えろ」とか「こういうときは、こう書け」といったマニュアル的な対応は、学校の受験とおなじ発想です。
年齡を限定せずにマイナビページへ掲載してみたところ男女問わず、幅広い年齢層の人たちが応募してきて下さり、この求人サイトはここまでの人たちを集める影響力があるのだと思いました。
効率よく社員の人数を増やすならリクナビネクスト転職に掲載するのが一番だと実感しました。強く転職の意志を持っている人は本気で次の職場を探していますし、意欲が違いますね。
多くの人々が利用するフロムエーへ掲載求人をたった数日出しただけでもものすごい人数が集まってビックリしました。資料を見る限りどの人たちも良さそうなので、期待しています。
年末やイベント事になると忙しくなる職場。もっと人を増やそうとバイトタウンワークに掲載してみました。思ったより記事を載せることは難しくなく、比較的安価な値段だったので良かったです!
ネットの求人広告ってとても便利ですよね。パソコンからいつでも募集要項などの原稿の修正ができるので、バイトル料金ネットというサイトに載せています。


いまや給与所得者のうちで、年収200万円以下の人口は1千万人を超えています。年収200万円以下では、共働きでない限り、子どもを育てるどころか、家庭生活を維持するのも困難でしょう。

政府が崩壊し、財閥も解体されて、国民が貧乏という点で平等になった、先の大戦直後のような時代ならともかく、ヒエラルキーはとっくに完成しています。あとからきた者には、三角形の底辺にしかパズルのピースをはめる場所はないのです。それなのに世間では、「努力しだいでなんとかなる」という前時代的な言説がまかり通っています。努力とはなにか。広辞苑をひくと「目標実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること」とあります。ここで問題なのは「目標実現のため」という部分です。

What's New
2013/11/25 注目情報を更新しました。
2013/11/21 新着記事を更新しました。
2013/11/20 金もうけに秀でた者を更新しました。
2013/11/17 就職といえば職業安定所を更新しました。
2013/11/15 「落ちこぼれ」を更新しました。
2013/11/13 出遅れた学生たちを更新しました。
2013/11/12 新卒で仕事を得る機会を逃し、落ちこぼれと見なされる人たちへを更新しました。
2013/11/09 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
en社会人の転職情報イーアイデムエン転職コンサルタント
日本最大の転職サイト、エン・ジャパン。転職に求人情報、無料で多彩なサービスをお届けしています。未経験OKの就職転職情報も満載 転職して正社員になるための情報が区域別で多数紹介されていますキャリア転職情報が満載。専門分野に精通したプロのコンサルタントが転職活動を強力にサポート。